厚生労働省の「特定課題型事業」に採択されました

この度、

  • 島根県雲南市
  • 中間支援組織 Cono-base
  • 第三者評価機構 CSOネットワーク
  • 社会実証企業 光プロジェクト株式会社(ショッピングリハビリカンパニー株式会社)

は、H31年度保健福祉分野における民間活力を活用した社会的事業の開発・普及のための環境整備事業の「特定課題型事業」に採択されました。

目的は
ショッピングリハビリの社会的インパクトを可視化し、
成果指標を決め、その成果が達成できた際に支払われる成果連動型事業の開発となります。

少し難しいお話になりますが、
実績(アウトプット)でなく、介入後の成果(アウトカム)に対して報酬が支払われる事業形態です。

まだまだ政府もモデル事業段階ですが、
弊社がこの採択率10%の事業に採択されたのも、島根県雲南市の皆様、並びに中間支援組織Cono-bese、雲南市おっちラボ、雲南市地域創生マネージャー合同会社喜代七様の尽力の賜物です。

尚、内閣府はPPP/PFI手法の導入加速として医療健康・介護・再犯防止の3点分野で成果連動型民間委託方式を重点分野として2022年度までにアクションプランに策定することが閣議決定で決まりました。

採択モデル事業が国の施策に反映されるよう、
スタッフ一同頑張ります。

ショッピングリハビリカンパニー(株)代表取締役
光プロジェクト(株)代表取締役
杉村卓哉 (拝)

厚生労働省成果連動型委託事業

この記事をシェアしますか?